• Archive by category "趣味"

Blog Archives

イヌを飼うということ簡単じゃありません!

犬

最近、内職で、ペットに関する質問に回答する仕事を見つけました。
自分自身、動物関係の学校に通っているし、家でもイヌを飼っているので、その仕事に応募してみました。
質問内容はごくごく簡単で、「初めて犬を飼うのですが」や「ペットショップで飼うべき?」といった質問です。
もちろん、そういった質問にも回答させていただきますが、始めに自分は、イヌを飼う、ということについて記載して回答するよう努めています。

イヌを飼う、というのは、正直そうそう簡単なことではありません。

散歩に行かなければなりません。病気にもなります。何より、彼らには心があるのです。
ただ家のマスコット代わりに買いたいと思うのなら、ぬいぐるみを買っていただきたいです。

犬

イヌは生き物で、誰かと一緒にいたいと思うもので、おいしいものを食べたいと思うものです。

今でも、衝動買いして、結局誰も面倒見なくて、捨てられたり保健所に届けられたりするイヌがあとを絶ちません。
自分としては、非常に悲しい現実です。
なので、イヌを飼う前には、毎日2回、誰が散歩に行くのか、留守番をさせないために、誰がメインで世話をするのか、病気になったら誰が病院へ連れて行くのか、万が一飼えなくなった場合、代わりの人を探せるのか、寿命(目安は10年)までちゃんと一緒に生活していけるのか・・・
考え出したらきりがないのですが、そこまで考えてから飼うかどうかを決めていただきたいです。
その過程で、少しでも不安や面倒くささを感じたら、イヌを飼うのはやめた方がいいと思います。”

初めてつくったカレーが甘すぎた!

カレーライス

今日は初めてカレーを作ってみました。あまり料理は作る方ではないのですが、友達が泊まりに来ると言う話だったので夕ご飯を作ることになってカレーにしました。カレーは簡単だと聞いていたので誰にでも食べられると思ったのですが、ダメです。私は相当料理の才能がないのかもしれません。

私が作ったカレーはなんというか甘かったです。しかも普通の甘さではありません。チョコレート味がしました。これはネットで調べてチョコレートを隠し味に入れたせいです。甘めなのが好きだと言う友達のためにチョコレートを入れたのですがどうやら量が多かったようです。カレーなのにチョコレート味が若干して気持ち悪くなりました。

隠し味と言うのはほどほどにしないとダメみたいです。

カレーライス

大失敗してしまって、泊まりに来てくれた友達を酷い目に合わせてしまいました。私は結構我慢して食べられたのですが、友達は結構残していました。やっぱりチョコレート味のカレーはNGです。仕方ないのでコンビニに行ってカップラーメンやお菓子を購入して家で食べました。友達は美味しそうに食べていてホッとしました。やはり最初から料理を作るのではなく、出来合いのものを購入しに行くべきだったと後で思いました。

友達が言うには「こんな甘いカレー初めて」だそうです。そりゃそうです。チョコレート味がしたらそれは甘いでしょう。料理があまりにできないので、今年は料理を頑張って勉強します。そして友達に「美味しい」と言わせたいです。

今さらだけど「アナ雪」のDVDを観た感想です

雪

世の中で「アナ雪」旋風が巻き起こっている頃、『すごい流行ってるんだね~』と結構、人ごとだったうちの家族たち。7歳の息子もパパもさほど興味がない様子。私もミュージカルっぽい映画はそれほど好きじゃなかったので、特に見ようとは思っていませんでした。DVD化されて、短編の続編の製作が決定しても『へぇ~』って感じで、特に見ようとは思ってなかったのですが・・・。
突然、パパが2歳の娘にってアナ雪のDVDを買ってきました。『何となく買ってみた』とパパ。娘は『ありの~ままの~だね』と喜んでる♪
翌日、お兄ちゃんも学校へ行っちゃって退屈な昼間。早速、アナ雪のDVDを娘に見せていました。初めてみるDVDってそんなに夢中にならないから、すぐ飽きるだろうなぁって思っていたのに・・・。予想に反して、すごい夢中で見てる~~。びっくりです。おかげでその間に、ゆっくり家事ができました!
一通り見終わると、『もう一回みる~』と娘。そんなにおもしろいの?と思い、次は私も一緒にDVD観賞。

いや~おもしろい!

雪

アナがかわいい!ずーっとお城に閉じこもっていたのに、なんであんなにかわいらしい性格なの~?映像もキレイですね。大ヒットするのがよくわかりました。歌がたくさんでてきて、口ずさみやすいフレーズで・・・。子供から大人まで楽しめますね。
その日以来、毎日のようにアナ雪を見ている娘。すっかり私の頭の中でも『ありの~ままの~』な鳴りっぱなしです。”

最近ハマった音楽がケッペキショウです!

ケッペキショウ

私は音楽が好きで、色々な曲を聞きます。そんな中で最近ハマった音楽が「ケッペキショウ」。

この音楽は、人が人として生きていく上で、どうしても発生してしまう矛盾について歌った曲です。
どんなに綺麗事を並べても、結局自分たちの行動なんて自分勝手で、自己満足で、利己的で。
正しいことはどんなことかわかっているのに、そうしないし、そうしようとしない。

ケッペキショウ

結局ひねくれた目で世間を見てしまって、卑屈になる自分がいて。

これは、どんな人にでもある、ごく当たり前な感情ですよね。

苦手な人ってどうしてもできてしまうし、だからといって無理やり仲良くなってもただの偽善であったり、お世辞にしかなりませんよね。
恋人がいたときはその人しか愛せなくて、君しかいないんだと思っても、結局冷めてしまえば次の恋を探す。

ごく当たり前。あまりにも日常的になりすぎて、私たちの盲点になってしまっていることって、たくさんあると思うんです。

それを、ちゃんとわかって、理解した上で生きることと、何も知らないで無意識のまま生きることって、きっと違うと思うんです。
でも、そうだとしても。
私は、少し考えたんです。
どんなに汚いと感じても、どんなに煩わしくても、離れられない。それが世界であって、人なんじゃないかなって。
そんな中で、たまたま自分の目に映ったものが、綺麗だから、大事にしたくて、大事だと思えるんじゃないかなって。

汚い世界に疲れた人、きっとたくさんいますよね。
でも、その中で綺麗なものを見つけられたなら。それを大事に大事に胸の奥底にしまえたなら。
きっと「ケッペキショウ」にはならないですよね。